レディ

上手く資産運用を進めていきましょう|これも医師の務めです

開業医向けのプラン

白衣の男性

従来は父親や母親が経営する医院を継承するケースが中心でしたが、最近では勤務医が新規にクリニックを立ち上げるケースも多いです。特に勤務医が開業する場合には、銀行融資に大きく依存するケースもあるために、将来に向けて資産運用を積極的に行うべきです。開業当初は賃貸オフィスを活用している医師であっても、将来的には不動産を取得して、クリニック経営の安定性を高めるのがポイントです。そのためには銀行や証券会社の相談窓口を活用して、堅実な資産運用のプランを提案してもらうのが理想的です。すべての資産を定期預金で運用する医師の場合には、少しずつ株式や投資信託を購入するのが、望ましい資産運用のスタイルです。また希望する利回りに応じてポートフォリオを構築するのが、満足度の高い資産運用を行うテクニックです。クリニック用の不動産を取得するために、医師が積極的に取り組んでいるのは、5000万円を確保するための財産形成です。運用コストの割安なインデックスファンドを組み合わせることで、不動産購入資金もスムーズに貯められるでしょう。一方でクリニックを経営する医師は自営業者という側面もあるので、老後に備えて主体的に資産を形成する取り組みも必要です。その場合にはNISAや確定拠出年金などの、税制面で優遇された制度を活用するのが、効率的にリタイア後の資金を確保するための基本です。金融資産に加えて賃貸不動産も利用するのが、投資の経験が豊富な開業医にふさわしい、資産運用のあり方です。

節約と販促に役立つグッズ

アメニティグッズが置かれていない施設は、イメージ低下につながる可能性があります。置いてあることで利用客は安心でき、良好なイメージが維持できるでしょう。価格は入数が多いほど安価になりますが、産地やブランドでも変化します。オリジナル品は販促グッズとして活用でき、広告宣伝費の節約になります。

技術を磨くためにも

独立して個人で柔道整復師としてやっていきたいのなら、柔道整復師会に加入することが必須といえます。そうすれば、柔道整復師会で開かれる講習会などに参加ができますので、新しい技術を学んで、お客様にしっかりと還元ができるでしょう。

成功のカギとなるサービス

大阪におけるビジネスリスクの回避手段として、開業支援サービスは欠かせない存在です。居住・商業地域など多彩な大阪は、エリアで異なる特徴や傾向の把握が必須となります。開業支援サービスのアドバイスで情報が得られ、成功に必要なアドバイスが受けられます。また、開業前後の良きパートナーとして信頼されています。